るーる

日本に限らず、大勢にペットとして扱われているチワワの場合、上手にしつけが出来ない状況で、ちょっと困っているペットオーナーがかなり多いというのが本当のところです。
プルーフィングが不完全だと、家ではおとなしいように見えても、知人を訪ねたら、そこで飼い犬の無駄吠えが再びはじまるという事態さえあるんじゃないでしょうか。
ルールのある子犬期を過ごしていなかったことが原因で、様々なトラブル行動を垣間見せる犬でさえ、とにかくしつけをし続けると、いずれ様々な問題行動が減少する場合もあります。
子犬と一緒に暮らし始めたら、普段から犬としての在り方をそれなりに習得させていくことが、何と言っても重要ですね。努力して子犬たちをしつけてくださいね。
役立つ手法で、子犬に対するしつけをすれば、未来の飼い犬との暮らしが、極めて楽しいだけでなく、有意義なものになるでしょう。
柴犬などはとても賢く、特に辛抱強さが特徴の犬と考えられています。だから、トイレをしつけても素早く覚え、覚えたら、かなりの確率で失敗をすることはないと考えられます。
犬の中には、欲求などを満足させているように見えても、なんとなく周囲の人の注意を誘いたくて、無駄吠えを繰り返してしまう犬が多数いるのは本当です。
愛犬が無駄吠えを中断しておとなしくなったのを待ってから、ご褒美や賞賛の言葉をあげるようにしましょう。無駄吠えをしないという行動とその報いを結びつけたりして、自然と覚えてくれると思います。
しつけを行う際の要注意点なのですが、たとえ1回でもポメラニアンを叩いたりしては駄目ですね。恐怖が大きくなって、人に対して心を開いてくれないようになるそうです。
子犬の柴犬においては、育てる目的次第でしつけ方法も別れ、ペットにするために育てる場合、6か月頃までに行えば、いずれ柴犬の扱いに役立つはずです。
怒ったり、叱るよりも褒めあげたほうが、ポメラニアンのしつけ法として素晴らしい効果あるんじゃないでしょうか。しかもしっかりと賞賛してみることが重要でしょうね。

Comments are closed.